農学党の乱(のうがくとうのらん)|赤信号、みんなで渡れば恐くない

"ある日 僕のまわりには
同じ目をしたみんながいた
生きることに不器用な仲間
一緒に歩いて行こう
"

*


欅坂46 『W-KEYAKIZAKAの詩』

*

糸井重里
糸井 重里氏(いとい・しげさと) 株式会社ほぼ日 代表取締役社長

みなさんもよくご存じのとおり、
夏バテへの効果もあるオクラ。
りょくけんの丸オクラでは
味だけでなく栄養の面でも
その効果もさらに増しています。

ネバネバのもとになっている成分、
ムチンは、たんぱく質の吸収を助け、
コレステロールの吸収を抑えてくれますし、
ペクチンは、整腸作用があり、
血糖値の上昇を抑えるため
糖尿病の予防や便秘の改善に効果があります。
オクラはそのほかの栄養価の高い野菜で、
カルシウム、鉄、カロチン(ビタミンA)、
ビタミンCなど
数え上げればきりがないです。
熱に強く、加熱調理でもこわれないため、
胃の粘膜の保護にも効果的ですので
肉料理との相性もよく
お酒のおつまみにもあいます。
*「ほぼ日」&「りょくけん」presents;8月の大分で育った丸オクラは外せない!(2018年8月11日現在)

ぬめりがあるきのこと言えば、
読者の皆さんもよくご存知のナメコ。
野生のものも、お店で売っているものも、
ものすごくぬるぬるねばねばしています。

「ぬるねば」の正体は、ムチン。
日本語では「粘素」なんて訳されることも。
動物が分泌する粘液にはほぼムチンが含まれており、
消化器官の内側や目の表面にある粘膜は、ほぼすべて、
ムチンに覆われていると言っても過言ではありません。
ウナギやドジョウの「ぬるねば」もムチンです。



池田剛士さま

おはようございます。
この度は、メールをありがとうございます。

ご指摘「ムチン」については諸説あるようですが、
読者を混乱させるのは適当ではないと判断し、
以下、該当する部分を削除するよう、
株式会社ほぼ日の担当者へ連絡しました。

=====以下、削除部分=====
「ぬるねば」の正体は、ムチン。
日本語では「粘素」なんて訳されることも。
動物が分泌する粘液にはほぼムチンが含まれており、
消化器官の内側や目の表面にある粘膜は、ほぼすべて、
ムチンに覆われていると言っても過言ではありません。
ウナギやドジョウの「ぬるねば」もムチンです。
==================

ご指摘、ありがとうございました。

新井文彦

*きのこの話。 - ほぼ日刊イトイ新聞(2018年8月10日)

*

連座
小泉 武夫氏(こいずみ・たけお) 東京農業大学 名誉教授
田島 眞氏(たじま・まこと) 実践女子大学 名誉教授
加藤 陽治氏(かとう・ようじ) 弘前大学 特任教授
藤田 智氏(ふじた・さとし) 恵泉女学園大学 教授
渡辺 正夫氏(わたなべ・まさお) 東北大学 教授
*

*

虎の門外の変:
*家来たちは、子どもを殺した。

*

©2018 和とは愛